2019年6月23日 (日)

ピンク色がきれいな 新ショウガのジャム

今、出回っている新ショウガでジャムを作ってみました。やさしいピンク、ぴりっとした甘みが癖になります。

200806091812Img_2062

さっそく作り方です。

材料

・新ショウガ(1パックで今回は300g弱でした)

・上白糖 240g  今回は新ショウガの8割にしました。

・クエン酸 小さじ半分ぐらいを水で溶いておく

作り方

・新ショウガは、洗って黒っぽいところは爪でこそげ落とし、すりおろす。繊維を断ち切る方向に。荒い繊維はなるべく取り除く。

・お鍋に(ホウロウ鍋があれば、素材に金属っぽい雑味が混ざらないらしい)新ショウガと上白糖を入れて、火にかける。

・木ベラなどで焦げないようかき混ぜながら、ひたすら煮詰める。

・ジャムっぽい硬さよりちょっとゆるい程度まで煮詰めたら、クエン酸水を加えて混ざるまで煮詰める。

・熱湯消毒した瓶に、熱いうちに移して冷蔵保管する。

 

お好みで、少し上白糖を減らしてハチミツを入れると、風味が増すぶん、色が暗めになります。化学作用の詳しいことはわかりませんが、何かが何かと反応するんでしょうね。

 

クエン酸を入れた瞬間、こんな感じで色がさーっとピンクに変わります。煮詰めている間は、ベージュ色です。今回は、煮詰める前の写真を撮り忘れたので、色が変わってからのものを。

Img_2057

煮詰めればペクチンを使わなくても、もったりとしたテクスチャになります。パンに塗ったときに、流れ落ちない固さ、塗り広げやすい柔らかさ、のちょうど良い感じに仕上がるとベストだと思います。

 

瓶の消毒の仕方、密閉の仕方は、こちらのサイトが詳しいです(ありがとうございます)。私は「しゅっ」というのをいまだ上手くできません。

これで完璧!ジャム瓶の煮沸・密閉の方法♪ | ムリョク発電

Img_2066 

 

ちなみに2008年にも、新ショウガジャムの記事を書いています。当時は信州に住んでいたので、寒天を使っていますね。煮詰めれば寒天やペクチンを使わなくても、大丈夫であることが、最近作っていてわかりました。以下、そのときの記事。

 

ピンク色がきれいな新ショウガのジャム

材料

・新ショウガ 150g

・はちみつ 80g

・レモン汁 40cc(好みで調整)

・粉寒天 2g

作り方

・新ショウガは黒い部分を取り除き、きれいに洗って下ろし金でおろします。

・なべに汁ごと新ショウガとはちみつと粉寒天を入れ、煮立ってから中弱火で焦げないように混ぜながら5分ほど煮詰めます。

・最後にレモン汁を回しいれ、さっとかき混ぜて火からおろします。(ピンクに色づきます)

・清潔なビンに入れて、冷蔵庫で保存します。

食べ方

・パンにたっぷりのっけて、ぴり甘を楽しむ。

・熱湯を注いで生姜湯に。

・寒天を入れずに作ったものなら、冷たい水で溶いて「冷やし飴」。

・カレーの薬味にちょっと変わってて面白いかも。

 

 

| | コメント (0)

2019年6月16日 (日)

風呂上がり、髪の毛を乾かすための自作ドライタオル

どうも、ご無沙汰しておりました。コリデールです。怪我をしたり、強い坐骨神経痛で歩けなくなったり、と踏んだり蹴ったりの1年でした。

少し持ち直して、今、この記事を書いております。

これは、だいぶ前に作成したものです。私は髪の毛を乾かすとき、ドライヤーを使わず、扇風機、つまり冷風を当てます。そのときに、タオルで髪の毛を受けるようにすると早く乾きます。

そのためのタオルなんですが、両側を内側に少し折り、スナップを片側だけにつけたものです。スナップは、たまたまセリアで見つけた、プラ製のプラホックです(取り付けが簡単です)。この筒状のところに、両手を入れて髪の毛を包み込むようにします。…というところの写真は自撮りできなかったので、悪しからず。

Img_2040

Img_2039_1
スナップのところのアップ。

このスナップと、お手製ドライタオル、おすすめです。

 

| | コメント (0)

2018年4月22日 (日)

ヨーグルトメーカーの内容器

ふと思 い立ってヨーグルトメーカーを買いました。甘酒と塩麹も作れるし…というのも理由 です。

こんな便利なものがあったなんて…。

牛乳パックだとイマイチきれいに取りきれなくてイライラするので、付属の容器で作っていました。でも植え継ぎ用の容器がもう一つ必要だということに気づき、まず百均に探しにいきました。

それで見つけたのが、レンジでお湯などをあっためられる、取っ手付きサーバです。

Img_0356

右側に取っ手がついていたのを、ニッパーで切り取ったら、ヨーグルトメーカーに入りました。容量は付属のと同じ800mlです。消毒もできるし満足しています。

Img_0351

スケルトンピンクのヘラは底隅から掻き出せるようにと、買ってみたものです。まだ試していません。材質がポリエステルで傷がつきやすいかもしれず、材質をちゃんと見ないで買ってしまったのを後悔しています。

次に欲しいとしたらスムージーメーカーかな。でもスムージーは材料の下ごしらえが面倒らしいから、どうしようかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 8日 (木)

たった50g! 早春のふわふわミニストール。

最近、また編み物に凝りだしました。そもそもは手のリハビリを兼ねて朝晩少しずつ始めたのですが、つい夢中になってしまいますね。


ダイソーで5年ぐらい前に購入したアクリルモヘアの段染め毛糸が出てきたので、これで何か編めないか…ずっと考えていました。ペットボトルカバーは、捨てるほど作ってしま ったし…



Img_0025

ミックスシフォン、もう見かけなくなりました。かなりのボリュームで、これだけで小さめのマフラーなら1個で編めてしまいます。


それで模様編みで、なるべく、ふわふわで軽い編み図を探しまくりました。方眼編みやネット編みではつまらないし。たどり着いたのは、こちら。この方のサイト、とてもわかりやすく、動画もあってよいですよ。




上のミックスシフォンは、5〜6号かぎ針用なのですが、10mm(10号ではありません)の針でスカスカに編んでみたものがこちら。理想の透け感になりました。


Img_0018
Img_0049



不器用なので幅がガタガタなんですが、ふわふわなのでほとんど目立ちません。

10mmの針で編むのは初めてですが、全然違った表情に仕上がり楽しいですね。



Img_0037
左が10mm、右は10号です。




風が冷たい日は、これを巻いて出かけようと思います。


追記
ミックスシフォンの色合いは、こちらの写真のほう(右側)が近いです。

Img_0030

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 4日 (日)

生ゴミを臭わなくする方法

2月から、金沢市のごみ収集が有料になりました。引っ越すときの条件で「ゴミ捨てが簡単な自治体」というので選んだ経緯もあったので、少し残念。伊那市は超絶厳しくて、分別の細かさはもとより、ゴミ袋はチケットがないと買えないので、月に捨てられる回数にも制限がありました。

それよりはマシかな。夏場はこまめに捨てたいし。

ところで、鮮魚をさばいたり(私はさばけない)、玉ねぎ系のゴミが出ると、すぐに生ゴミって臭いますよね。1週間もゴミを溜めておくのは、ちょっと嫌です。

それで、以前入院しているときに、看護師さんに教わったことを思い出しました。湿布薬の入っていたジッパー袋に生ゴミ入れておくと臭わないんだそうです。

それを思い出してから、最近、ジッパー袋入りの乾物の空袋をとっておくことにしました。これに玉ねぎ系の生ゴミを入れておいて、3、4日持たせることができるようになりました。冬場なら1週間大丈夫かもしれません。

Img_9735

お試しください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 1日 (木)

はちみつが固まったら、炊飯器:もっと簡単な方法

先日「はちみつが固まったら、炊飯器」をご紹介しましたが、もっと手軽な方法ありました。

Img_9737
はちみつの容器がすっぽり入る大きさのポリ袋に入れ、そこに熱湯を一緒に入れ、口を結びます。それを炊飯器に入れて「保温」ボタンを押すだけ。
これで1Hrぐらいで溶けてくれます。これなら、手軽でしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月29日 (水)

はちみつが固まったら、炊飯器

この季節、とうとうハチミツが固まってしまった〜。という家は多いんじゃないでしょうか。よほど暖房が効いていても、ひとたび結晶ができてしまうと、あっという間に育ってしまうんですよね。

今まではそのままジャムみたいにスプーンですくってパンに塗ったりしていました。調べてみても、レンジや湯煎やら、ちょっと面倒で。

ところが、炊飯器の保温モードって70度一定っていうじゃないですか。これはいけるかも、ということで、試してみました。

結果は「おーーーーーーー」というぐらいうまくいきました。それに簡単すぎます。

1)お湯を沸かす
2)ハチミツの蓋を緩めて(吹きこぼれないよう)容器ごと炊飯器に立てる
3)お湯をまぁ3、4cmほど入れて、保温ボタンを押す
4)蓋がしまらないので、ラップで覆う
5)1時間ほど放置

これだけです。こんな簡単なこと、今まで知らなかったなんて、検索しても引っかからなかったのはなぜだろう?

H2_2

H3

H4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

取れにくいヘアゴムの自作

髪の毛にコシがない人、よく言えばサラサラ。ヘアゴムが取れやすくて困っていませんか?

私は髪の毛が細くて、猫っ毛、ツヤツヤしているってばそうなんだけど、きっと早く禿げるに違いない。

で、ヘアゴムがどこかに落ちて失くなってるってことが多くて、困っていました。

ラメ入りのだったら、滑りが悪くて落ちにくいかと思いきやそれもだめ。かえって髪が傷みそう。

38075866611_561a27977d_o_2

ラメ入り

それで、ふと思いついたのが、細めのゴム紐を三つ編みにしてみてはどうだろう?というものだった。

これが大当たり! 三つ編みを最後結ぶのは大変だけど、目打ちとピンセットでなんとかなります。適度に摩擦があって、髪も痛まないし、癖もつきにくいのだ。どういう理屈かはわからないけど、きっと物理的な力によるものなんだろう。

猫っ毛の人に是非オススメ。

26299679689_0c7a4feb81_o_2

こういう細めのを買ってきて

37366443594_5debe0c5cb_o

三つ編みにして、輪っかにすればできあがり〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月26日 (土)

私のクックパッドの人気メニュー

夏になると爆発的にアクセスの増えるメニューです。

Cpicon 万能 保存が効く大葉のゴマ油&醤油漬け by コリデール


こちらもアクセスは定常的に多いです。きゅうりが大量に手に入ったときはオススメです。
Cpicon きゅうりのキューちゃん風漬け物:甘口 by コリデール

 
こちらもアクセス多いのですが、試した人いるのかな?不明です。
Cpicon アイロンでクッキー by コリデール


興味のある方、どうぞご覧くださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月26日 (水)

味の素のキャンペーン、チャレンジしてして!

ちょっとノー天気な話題。
というキャンペーンがあって、毎回応募してました。今まで2回当たったよ。
これ、500以上の応募があると、90人に商品が当たる、という高確率なのです。
部門賞10人に入る自信はないので、この90人に賭けてるんだけど、毎回なかなか500人に達しないのね…。だからこれ見た人は、是非是非、チャレンジしてみてください!!
いっしょに商品をゲットしよーよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«梅干しと梅酒はあきらめ、紫蘇ジュースにしました