« 忘れないうちにコッチョリ | トップページ | かぼちゃの下ごしらえ »

2005年3月22日 (火)

ほうとう風煮込みうどん

寒い季節はそろそろ終わりですが、忘れないうちにレシピを記録しておきます。先日、千葉県のとある食堂で「ほうとう饂飩始めました」と張り紙があったので、迷わず注文したところ、うどんが普通の茹で麺だったのでがっくり。帰宅後調べてみたら、麺と具の両方にほうとうの特徴があるようです。

■材料:3人前
 かぼちゃ 1/4 ぐらい (そのままラップで包んでレンジで5分加熱後、1cm厚のイチョウ切りにします。)
 里芋 5個ぐらい (ポリ袋に入れてレンジで5分加熱後、荒熱が取れてから皮をむき、食べやすい薄さに)
 人参 1本 (1cmほどの半月きりにしてから、ポリ袋に入れてレンジで5分加熱)
 長ネギ 1本 (ぶつぎり)
 キノコ(シメジ、まいたけ、しいたけ など) 小房に割いておく
 鶏肉適量(細切れ)

 ほうとう生うどん (なければ普通の生うどん)

 スープ
  コンソメ・鰹だし・白味噌・すりゴマ・刻み昆布
 
■作り方
 1)大きめの鍋でお湯を沸かし、うどんを茹でる。
 2)別の鍋で、鶏肉を少量のゴマ油で炒りつけてから、日本酒を注いで蓋をする。
 3)2,3分沸騰させたら、スープ用の材料、水、かぼちゃ以外の下ごしらえした野菜類、ゆでたうどんを入れて煮込む。
 4)最後にネギの青い部分と、かぼちゃを入れて火が通ったら、そのまま食卓に出す。

■栄養面の考察
 かぼちゃやネギが入ることでビタミンAも取れ、その他の野菜や鶏肉でバランスの取れた一品だと思います。煮込みうどんなので、おなかが弱っている人、風邪を引いている人にもよいと思います。

■食卓の考察
 実は本物のほうとうというものを食べたことがありません。今月中に主人が山梨に偵察に行くことになっているので、感想を聞いてみようと思います。

 かぼちゃはレンジで柔らかくしてから切ると力が要りません。煮崩れを防ぐためと、色をきれいに保つために最後に入れてみました。本場ではどうなんでしょうね。

■うどんのお勧め

押し花を捜していて、このお店をみつけ、もう3回リピートしています。あったかくても、冷たくても、煮込みでも、おいしい本場讃岐うどんです。

|

« 忘れないうちにコッチョリ | トップページ | かぼちゃの下ごしらえ »

コメント

実はこのところ体調をくずしておりまして、最近は、同居人が結構お勝手に立ってくれることが多くなり感謝しております。

先日、ほうとうの期限が切れそうになってあわてていたら、カレーうどんができあがっておりました。本人はすごく大変だったみたい。

軽くレシピを聞かれたので、かぼちゃとジャガイモを600Wで10分ぐらいかなぁと言ったのが間違いの元で、ほんとは5分ぐらいでよかったんです。煮とけて、カレー色になったほうとうなべでございました。

でも、おいしかったー。甲府市内で食べたほうとうよりおいしかったですよ。

投稿: コリデール | 2005年6月 5日 (日) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230444/46416179

この記事へのトラックバック一覧です: ほうとう風煮込みうどん:

« 忘れないうちにコッチョリ | トップページ | かぼちゃの下ごしらえ »