« 鳥のつくね鍋 寒い日用 | トップページ | 黒ゴマかりんとう »

2005年3月 2日 (水)

簡単雛寿司

材料を買ってこれれば簡単です。

■材料
 もち米(なければ、うるち米=普通のお米) 3合
 古代米(赤米)(なければ「ゆかり(赤シソのふりかけでも可)」) 大匙1杯

 市販の五目寿司の素 瓶詰めやレトルトなどが出ています

 飾り 用意できるものだけ
  錦糸玉子 みつぱ 刻み海苔 など

■作り方
 もち米に古代米を混ぜ、普通に炊く。もち米はうるち米より水少なめ。
 蒸らしてからよく混ぜて、温かいうちに合わせ酢を混ぜる。
 五目寿司の素の説明書に従って混ぜればできあがり。

■具を自作の場合
 作れる人は、合わせ酢も、具(油揚げ・人参・ゴボウ・しいたけ・鶏肉・たけのこ などの千切り)も手作りで。
 野菜などの材料と、油抜きした油揚げを千切りにして、日本酒を加えさっと煮る。ダシ・醤油・砂糖で下味をつける。

 合わせ酢は、ダシ・酢・砂糖・塩 を混ぜ、ご飯が温かいうちに混ぜ込む。
 荒熱をとってから、具を混ぜると色がきれいにしあがる。

φ(..)メモ
 古代米やゆかりを入れることでピンク色のご飯ができます。こういうときの具の味付けは醤油であまり色がつかないように塩を多めに入れるか薄口醤油を使います。

 応用で、具に濃い目に味付けをして、ご飯を炊くときに一緒にいれれば、混ぜご飯の出来上がりです。こういうときは、お醤油のおこげがおいしかったりします。

|

« 鳥のつくね鍋 寒い日用 | トップページ | 黒ゴマかりんとう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230444/46416175

この記事へのトラックバック一覧です: 簡単雛寿司:

« 鳥のつくね鍋 寒い日用 | トップページ | 黒ゴマかりんとう »