« 2005年4月 | トップページ | 2006年3月 »

2005年7月

2005年7月25日 (月)

きゅうりの漬物*ピリカラすっきり版

浅漬けにも色々味付けがありますよね。今は液体の浅漬けの素も売ってますし、結構簡単に作れるようになりました。小さい頃は、ナスの漬物を一人前に漬けられるようになるまで何度も失敗しましたっけ。

今回は、ポリポリ食べられるピリカラきゅうり醤油味です。お風呂上りにおいしいけど、塩分の取りすぎに注意してくださいね。タレを作って漬けるので失敗がありません。

■タレ
 お醤油・等量のお水・昆布だし(顆粒)・七味少々・あればシソの葉(赤でも青でも)ちょっと

■漬け方
・きゅうり 2~3本を4,5cmに切る。(きゅうりの量は漬物器の大きさで可変です)
 大きめのほうが食べがいがあることと、浸かりすぎが防げるのでグッドです。お上品に食べたい方は、食べる前に小さく切ってね。

・バネ式の漬物器に、タレを入れて、きゅうりを並べます。

・これは漬物器で漬けるときの鉄則ですが、重しが均等にかかるよう上を平らに、底にきれいに野菜を並べます。
 一段きれいに並べたら、二段目もきれに並べます。半端が出るぐらいなら、ツマミ食いしちゃいましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月23日 (土)

新ショウガの保存

新ショウガをお店でみかけるようになりました。といっても最近になってから出かけられるようになったので、新ショウガ自体は6月ぐらいから出ているようですが。

200gで100円から150円ぐらいでよいものが手に入りますね。なんだかだるいなぁというときに、結構役に立ちます。

■新ショウガでいただく冷奴
 ただ、おろした新ショウガを冷奴にかけて食べるだけです。チュウブ入りとまた違ってピリリと瑞々しい感じがおいしいです。

■冷やし飴
 冷やし飴の文化は関東にはあまり馴染みがないみたいです。まぁ生姜湯の冷たいものという感じです。
 スライスした新ショウガ50gを600ccぐらいのサーバに入れて、50gぐらいのハチミツやオリゴ糖、できれば水あめを入れて、倍の量のお水を入れてチンします。
 これを原液として、好みで薄めて氷を入れて飲みます。すっきりしたいときによいですが、お風呂上りにがぶがぶ飲んでいては太りますよ。

■しょうがスライスハチミツ漬け
 珈琲の空き瓶などに、スライスした新ショウガを横に寝かせて入れます。少し入れては蜂蜜、また数枚入れては蜂蜜を注ぎ、この季節なら冷蔵庫で保存します。
 すっきりしないとき、きれいなお箸で数枚取り出しそのまま食べたり、お湯やお水に入れて飲みます。

■新ショウガの保存
 卸がねでおろしやすい形にカットしてから、ラップにくるんで冷凍します。使うときに凍ったままおろします。

しょうがの砂糖漬けは、大量に手に入ったら挑戦する予定。これも万能食材です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エシャロットにケチャップ

エシャロットは普通マヨネーズか味噌。味噌マヨなどで食べますよね?

田楽用の味噌が手に入ったのですが、ちょっと甘かったのでどうせなら、と思い、ケチャップを添えてみました。

結果は、マヨネーズのほうが意外に合うんです。好みは分かれると思いますが、お試しアレ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かんたんバナナアイス

バナナは買ってきたら冷蔵庫に入れずに涼しいところに置いておきます。買うときに入っていた袋には、どうもエチレンを吸収する作用があるようで、袋のまま保存するのがよいようです

買ってきてすぐよりも、黒い点々(スイートスポット)が出始めた頃が食べごろらしいです。

でも、この季節、食べ頃が2日ぐらいしかないので、生のまま食べるのは1本か2本。あとは皮をむいて、ラップに包んで冷蔵庫に入れます。

おやつにも、朝の食欲のないときにも最適です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アスパラオムレツ&オムライス

最近のマイブームです。
「ためしてガッテン」のアスパラの回で見たレシピを応用して、アスパラご飯をよく作ります。アスパラの輪切りって、ほんとに珍しい食感ですね。アスパラのステーキ卵とじもおいしいです。

■アスパラ入りオムレツ
 アスパラをさっと湯がいておきます。ほんとにさっとです。
 卵を6個程度かき混ぜて、マーガリンを敷いて熱したフライパンにじゅっと流しいれます。
 すぐに強火でかき混ぜながらとろとろになったら、アスパラを並べてオムレツの形を作って火を止めます。
 少し蒸らして、お皿に盛るか、そのまま食卓へ。

■アスパラオムライス
 ケチャップとコンソメを混ぜてピラフを作っておきます。
 ベーコンをカリカリに焼いておきます。
 アスパラを5mm程度の輪切りにしておきます。
 卵大量を溶いて、熱したフライパンにマーガリンを敷いたところにじゅーっと流しいれます。
 すぐに強火でとろとろになるまでかき混ぜて、アスパラとベーコンを放り込んでオムレツの形にします。
 お皿に盛ったピラフに、オムレツを載せて、真ん中に切れ目を入れて広げます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年4月 | トップページ | 2006年3月 »