« おいしいドリップのポイント、その科学的裏づけ -その1  | トップページ | おいしいドリップのポイント、その科学的裏づけ -その2 »

2007年2月12日 (月)

というわけで手抜き駆け込みトリュフ

aeiouさんから教えていただいた「すはま」風トリュフ、おいしそうですね。ありがとうございます。
豆の粉を使うわけだから調理法も同じってことなんでしょうか。

これは20年ぐらい昔に、ある主婦の方から教わった超簡単手抜きな高級感あふれるトリュフのレシピです。私なりにアレンジしてますけど。

■材料
・甘みの少ないクッキー と グラノラ(味がついててもOK)
・水あめ 適量
・あれば、ナッツやレーズンなどの刻んだもの
・これだ大事、高級感ただよう香りづけに使うリキュール ラム酒など
・純ココア(砂糖入りだと子供臭くなります)

■作り方
・クッキーとグラノラはボールの中で砕きます。手やすりこ木などを使います。
・洋酒とナッツやレーズンなどを混ぜ、水あめでまとめます。
・丸めてから、純ココアの上を転がしてできあがり。
・アルミの小さなカップに入れるだけでなんだか高級感ただよいます。
・上にアザランとか一粒アーモンドとか気の利いたものがあったら載せてみてください。

ちょうどこんな感じ。

■注意
・お子さん用には、洋酒はアルコールを飛ばしてから使ってください。
・グラノラを適量いれると香ばしさが出ますが、滑らかさは減ります。
・水あめは入れすぎると甘くて食べられないので、生地がまとまる程度にちょっとずついれてください。
・カントリーマームを使ったときは甘すぎて食べられませんでした。


2/14追記:思い出しました。甘みを抑えるためナッツは絶対入れたほうがいいです。真ん丸くならずにごつごつになりますが、それもまた岩みたいでいいかも。

|

« おいしいドリップのポイント、その科学的裏づけ -その1  | トップページ | おいしいドリップのポイント、その科学的裏づけ -その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230444/46416196

この記事へのトラックバック一覧です: というわけで手抜き駆け込みトリュフ:

« おいしいドリップのポイント、その科学的裏づけ -その1  | トップページ | おいしいドリップのポイント、その科学的裏づけ -その2 »