« おいしいドリップのポイント、その科学的裏づけ -その2 | トップページ | お気軽珈琲にはメリタ式を »

2007年2月14日 (水)

ドリップパックの形

市販のドリップパックにはいくつかの形があります。すごくチープな感じなのもあれば、結構ハードなイメージのもあります。

辻本珈琲さんのドリップパックにも数種類の形式があります。一番高級感のあるのがこれ。

ブルマンMIX キリマンジャロタンザニアAA リントンマデリンなど(画像は楽天アフィリエイトを使用しています)

前回書いたドリップの方法が使えるのは、このように三角にしっかり開くタイプのドリップパックです。

ほかの2つの形式でもできないことはありませんが、口が狭いのでお湯を注ぎすぎないように調整するには相当根気がいります。

「お茶屋の考えるまろやかブレンド(お茶まろブレンド)」セットするとき一番手軽で頭を使わないので好きなんです
けれどね。

「ほろにがブレンド」と話題の18円ドリップは写真がなかったのでこちらのページで確認してみてください。若干頼りなげなフックが左右にかぱっと開くタイプです。開いたとき上から見ると、正方形になります。

で、コリデールはこういうタイプのドリップパックをどう考えるか? 次回に続きを書きますね。

|

« おいしいドリップのポイント、その科学的裏づけ -その2 | トップページ | お気軽珈琲にはメリタ式を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230444/46416198

この記事へのトラックバック一覧です: ドリップパックの形:

« おいしいドリップのポイント、その科学的裏づけ -その2 | トップページ | お気軽珈琲にはメリタ式を »