« おつまみ風アボガドのディップ | トップページ | ドリップパックの魔法 その1 »

2007年2月 7日 (水)

色の素適なカシス酒

Cafeブルーベリー・ビルベリー・ラズベリーなどは、目によいとされていますよね。含まれているアントシアニンという色素がものを見る仕組みに必要なロドプシンの再合成を早める働きをしているそうだ。

ところが同じようなカシスのアントシアニン色素は、やはり目の疲れを取るらしいが、仕組みが違うのだそうだ。

「カシス(黒すぐり)」の色素(アントシアニン)は抹消血管の血流を促進することで、視筋肉の疲れを取ってくれるだそうな。

抹消循環を良くするので、冷え性や、指先だけが冷え切ってしまうような人にも効きます。<= 試しました。

そこで、運転の前以外いつでも飲めるうれしいカシス酒の紹介です。材料かなり贅沢に使っています。そのおかげか、引き上げたあとの果実はおいしいジャムになりました。

■材料
・ドライカシス(オイルコーティングしていないもの) 500g
・氷砂糖+黒砂糖を合わせて250g (蜂蜜でもいいかも)
・ホワイトリカーとジンを合わせて1.8L(できればジン多め)

■作り方
・ドライカシスと砂糖を交互に敷き詰め、上から静かにアルコールを注ぎます。
・冷暗所で2ヶ月で飲めました。
・2~3ヵ月後にカシスの実を引き上げ、種のつぶつぶが気になるようだったら漉してさらに熟成させながら、ちびちび飲みます。

生のカシスが手に入ったらそのほうがいいのかもしれませんが、洗ったりするの面倒ですよね。…生のブルーベリー酒のとき大変でした。それでドライカシスがお勧めなんですが、ドライカシス(に限らずドライフルーツ)のオイルコーティングをしていないものは、スーパーとかではなかなか手に入りません。楽天市場で、ノンコーティングでお安く手に入るお店があったので、そこで1キロ買いました。オイルコーティングされているものはお酒が汚くなるので絶対使っちゃだめですよ。

|

« おつまみ風アボガドのディップ | トップページ | ドリップパックの魔法 その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230444/46416192

この記事へのトラックバック一覧です: 色の素適なカシス酒:

» カシス酒のすすめ [ガラパゴスぞうがめの腕立て伏せ]
全身性強皮症の人をはじめ、抹消循環の悪い方、冷え性の方、手足の指先がすぐにひえひえになってしまいますよね。 私はこの病気(全身性強皮症)になるまで、まったく冷え性ではありませんでした。でも、今は手足の指先がすぐに冷たくなり、レイノーも出やすいですし、なんたることか汗をかいても冷えてしまいます。 そういうときは、すぐにお湯に手を突っ込むとラク〜になります。 抹消循環が悪いと、傷も治りにく�... [続きを読む]

受信: 2007年2月 8日 (木) 08時17分

« おつまみ風アボガドのディップ | トップページ | ドリップパックの魔法 その1 »