« ドリップコーヒーその後 | トップページ | ご存知の方いませんか? ハリオ カフェオ »

2007年3月17日 (土)

簡単おかずシリーズ「長いもと昆布の炒め物」

主人の実家からすぐに戻る昆布をもらいました。北海道産と書いてあるんですが、薄めで長ーく折りたたんであります。生ぬるい湯だと5分ぐらいで歯ごたえあるぐらいに戻ります。どこかで見たレシピ「長いもとバルサミコ酢のソテー」を参考に作ってみました。

■材料
・長いも 適量
・歯ごたえがある程度に戻した昆布 適量
・お肉類 豚こまやハム、ベーコン、刻んだソーセージなど 適量
・あまり主張しない青菜(青梗菜とか小松菜、ほうれん草あたりがいいかも) 適量
・にんにく醤油(醤油ににんにくのかけらを漬けておいたもの)
・ごま油
(バルサミコ酢)

■作り方
・長いもは拍子切り、昆布は刻みます。青菜は5cmぐらいの長さ。
・フライパンを熱し、肉を炒めます。油が出たら、長いもと刻んだ昆布と青菜を入れてさっと炒めます。
・ごま油をふりかけ、香りがたったら、にんにく醤油をまわし入れて「じゅわーっ」と言ったらこげる前に火を止めます。
(ほんとはここでバルサミコ酢を入れるともっとおいしいらしいが、冷蔵庫から出してスタンバっていたのに、入れ忘れた。習慣とはおとろしいものだ。同じ調子で、私はみりんが使えない。)


■栄養面の考察
・長いもは、みのさんの番組によると、抵抗力とか免疫力のアップにようのだそうな。にんにくと一緒に摂ることで、長いもやお肉に含まれるビタミンB1も吸収されやすくなります。スタミナが欲しいときにもぴったりかも。

■味の考察
・味付けはにんにく醤油しか使っていないのに、とても美味しいのはなぜか?たぶん、昆布の出しと、肉のアミノ酸、ごま油とにんにくの香り、醤油がちょっとこげた香りなんかが混ざっているのだと思う。
・確かに酢かバルサミコ酢を入れても合う味のような気がした。
・食感がしゃきしゃきしていないとだめ。長いもがしんなりしてしまうと、なんかパンチのない料理になってしまう、と思う。

きょうから写真を撮って載せようと思ったのだけど、食べ終わってから思い出しました…。

|

« ドリップコーヒーその後 | トップページ | ご存知の方いませんか? ハリオ カフェオ »

コメント

すごい!ただの料理ブログとは一線を画していると思います。

コーヒーのドリップにこだわる記事とかは、なかなか書けません。

また訪問させていただきます。

投稿: 食いしん坊太郎 | 2007年3月18日 (日) 12時46分

食いしん坊太郎さん、コメントありがとうございます。

食いしん坊太郎さんのように文章は上手に書けませんが、料理に対する情熱だけはあります。どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: コリデール | 2007年3月18日 (日) 17時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230444/46416215

この記事へのトラックバック一覧です: 簡単おかずシリーズ「長いもと昆布の炒め物」:

« ドリップコーヒーその後 | トップページ | ご存知の方いませんか? ハリオ カフェオ »