« 安いドリップパックコーヒーのおいしい淹れ方 コリデール式 | トップページ | 挽いたコー »

2007年12月28日 (金)

ドリップコーヒーエバンジェリスト

松屋式ドリップのエバンジェリスト、「フレーバーコーヒー」さんのページがだいぶ更新されていました。見やすくなって、内容がだいぶ増えたようです。
ペーパードリップにこだわる方も、ドリップパックで追究する方も、必見です。理論的なことも書いてあります。

いま、私が試しているのは、【クマネコ舎】という楽天のお店の通常は84円のところ16円で買ったドリップコーヒーです。たまたまタイムセールを見つけたので、ちょっと冒険でしたが70杯分購入しました。

元旦には1円セールやるみたいですね。チャレンジするのもいいかも。

ここのコーヒーの感想ですが、12g入っているだけあって、200cc以上は抽出できます。封を切ったときの香りは、独特で、辻本珈琲さんのようなフレッシュ感よりも、喫茶店で挽きたての香りをわずかに感じるときの雰囲気。もっと言えば、辻本珈琲さんのは煎りたて挽きたて感をすごく感じますし袋も膨らんでいたりしますが、クマネコさんのは丁寧に店主さんが煎った豆を丁寧に挽きました、という雰囲気を感じます。

どちらがよいとはまだわかりません。

それから、クマネコさんの特徴は粗挽きであることです。これは、ポイント高いです。袋には中細って書いてありますが、これは粗挽きでしょう。そのせいもあって、12gってこともあって、カップオンタイプの袋からはみださんばかりに粉が詰め込まれていて、若干扱いづらいです。

粗挽きであるということは、松屋式で淹れたら当然、透明感のあるコーヒーに仕上がるはずで、ドリップパックでありながら、時間がたっても酸化しにくいです。

淹れ方で上手にはいったりまずくはいったりするかどうかは、まだ数回しかドリップしていないので、これからです。また、続報入れます。

思うに、丁寧に焙煎したコーヒーを試してもらうために、ときどきこんな安いセールをしているのかな?という気がします。これなら30円だしてもよいですし、扱いやすかを考えて12gのところ11gでもよいかと思います。

|

« 安いドリップパックコーヒーのおいしい淹れ方 コリデール式 | トップページ | 挽いたコー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230444/46416270

この記事へのトラックバック一覧です: ドリップコーヒーエバンジェリスト:

« 安いドリップパックコーヒーのおいしい淹れ方 コリデール式 | トップページ | 挽いたコー »