« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月27日 (金)

二把のニラで二品!

だじゃれみたいなタイトルですみません。

もうビールの季節なんですね。あなたのおうちの「カンパイ!中華」キャンペーンに参加することになりました。

そこで考えたのが今回の2品。

以前ためしてガッテンで見たのですが、ニラは上がホウレンソウ、下がニンニクなんだそうです。そのニラを使って、上半分を和えもの、下半分を卵とじにアレンジしてみました。一度に2品作れて、しかもだぶった感がなく、ビールにもご飯にも合うメニューです。ビールに合わせるには、ちょっとピリ辛がよいみたいなので、一味を効かせてくださいね。

■■ニラとモヤシののクルミ和え
070222

■材料 (3~4人分)
・もやし1袋
・ニラ 2束の上半分 または1束丸ごと
・めんつゆ 適量
・クルミ 大さじ2杯
・ゴマ油 大さじ1杯

■作り方
1)ニラはモヤシと長さを揃えて切っておき、モヤシと合わせて、2分弱ゆでる。
2)熱いうちに、めんつゆをからめる。
3)クルミは軽く炒るか、レンジで3分ほど乾燥させてから、すり鉢でする。
4)2の野菜を3のクルミであえて、皿に盛り付ける。
5)ゴマ油を回しかけて、上に刻んだクルミ(分量外)を飾る。


■■ニラと卵の炒め物

070222

■材料 (3~4人分)
・ニラ 2束の下半分、 または1束丸ごと
・ニンジン 1/2本
・卵 5個
・ゴマ油 大さじ5杯
・みじん切り ショウガ 小さじ1杯
・一味唐辛子 好みで
たれ
・オイスターソース 大さじ1杯
・片栗粉 小さじ2杯
・醤油 大さじ1杯
・砂糖 小さじ1杯
・水 大さじ4杯

■作り方
1)ニラは小口切り、ニンジンは四角い短冊切りにしておく。
2)卵を割りほぐし、大さじ2杯のゴマ油で炒めて、皿に取っておく。
3)ゴマ油大さじ3杯を熱し、みじん切りショウガを炒めて香りがたったら、ニラとニンジンを入れて軽く炒める。好みで一味唐辛子少々を振る。
4)たれの材料を混ぜておき、3に2とともに、入れて軽く混ぜ合わせる。
5)とろみが出たら、火からおろし、皿に盛り付ける。

アメリカ産クルミは値段が高騰してますが、この際、国産の鬼ぐるみが売っていたら、お試しになることをお勧めします。慣れた味と違い、懐かしい風味のクルミ和えになりますよ。

ニラは、ビタミンBのものと一緒に摂るとスタミナ源になります。ビタミンBを多く含む、卵や豚肉などと一緒に調理するとよいですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

ピンク色がきれいな新ショウガのジャム

070222今出回っている新ショウガでジャムを作ってみました。やさしいピンクにぴりっとした甘みが癖になります。

■材料
・新ショウガ 150g
・はちみつ 80g
・レモン汁 40cc(好みで調整)
・粉寒天 2g

■作り方
・新ショウガは黒い部分を取り除き、きれいに洗って下ろし金でおろします。
・なべに汁ごと新ショウガとはちみつと粉寒天を入れ、煮立ってから中弱火で焦げないように混ぜながら5分ほど煮詰めます。
・最後にレモン汁を回しいれ、さっとかき混ぜて火からおろします。(ピンクに色づきます)
・清潔なビンに入れて、冷蔵庫で保存します。

■食べ方
・パンにたっぷりのっけて、ぴり甘を楽しむ。
・熱湯を注いで生姜湯に。
・寒天を入れずに作ったものなら、冷たい水で溶いて「冷やし飴」。
・カレーの薬味にちょっと変わってて面白いかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

長ネギの牡蠣油炒め

我が家の定番、超簡単おつまみに「長ネギのオイスター炒め」ってのがあります。使いさしの長ネギが転がってて、冷蔵庫にクックドゥーとかのオイスターソース(牡蠣油)があったら簡単にできます。別にオイスターソースにこだわらなくても、醤油でもいいんですけれどね。ごま油はあったほうがいいです。

これをちびちびとつまみながら日本酒でも合うし、ご飯のおかずにもなります。

070222

■材料
・長ネギ 千切り
・炒めようにゴマ油
・オイスターソース(牡蠣油) なければ醤油と化学調味料

■作り方
長ネギをゴマ油で炒めて、オイスターソースで炒めつけます。苦くならないうちに火からおろして、味が足りなかったら醤油か塩で味を調えます。辛いのが好きな方は、辛みそとかで味付けるのもいいかも。

冬ネギはとろっとしておいしいし、夏のネギはちょっと辛めで硬いけどそれもまたおつまみにはよい感じです。強火でさっと炒め、苦味が出ないうちに火からおろすのがポイントです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

お手製グラノラバー

070222

最近グラノラバーに凝っている。小麦のふすま成分がしゃくしゃくといつまでも噛み応えを残して腹持ちもよいのです。いくつかレシピを参考にさせていただいたものを自分なりにアレンジしたメモです。砂糖がある程度多くないとぽろぽろになってしまってまとまらないので、甘さ控えめでぎりぎりまとまる量を探しました。

■材料
・オートミール 2カップ
・小麦ブランクッキー(後述)または小麦粉 1カップ(約70g)
・はちみつ 50g
・オリーブオイル 30g
・レーズン、ドライクランベリー、ドライブルーベリーなど手持ちのドライフルーツを合わせて 80g
・ひまわりの種、アーモンドスライス、胡桃、ココナッツロングなど手持ちのナッツを合わせて 80g
・卵 1個
・好みでシナモンパウダー適量とバニラエッセンス


■作り方
・オートミールに分量から少量取り分けたオリーブオイルをふりかけ、混ぜておく。
・オートミールを天板に広げて、190度のオーブンで10分焼く。
・その間に、小麦ブランクッキーをビニール袋に入れて、麺棒で砕く。
・ボールに、小麦ブラン、卵、はちみつ、オリーブオイルを入れてゴムベラで馴染ませる。
・下焼きしたオートミール、ナッツ、刻んだフルーツを入れてさらにかき混ぜる。

・天板にアルミホイルを敷いて、ボールの中身を広げ、ゴムベラを押し付けるようにして固める。
・190度のオーブンで15分ほど、様子をみながら、ちょっと焦げ目がつくぐらいまで焼く。
・冷めたら適当な大きさに切り分ける。



・家族の好みで、はちみつや砂糖を増減するとよいです。
・この分量だとかなり甘さ控えめになります。
・切り分けるときに、崩れたものは、牛乳をかけて食べるように分けておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »