« 二把のニラで二品! | トップページ | 水出しコーヒー、新しい淹れ方 »

2008年7月 4日 (金)

粗挽きで水だしコーヒー

070222

ハリオの水だしコーヒーポットを昨年買って、夏を楽しみにしていた。ところが、最近コーヒースランプで、自分で豆を挽くことがなくなり、もっぱらクマネコ舎さんのカップオンコーヒーに頼るようになってしまったため、粉がない。

仕方なく、パッケージをひっしゃぶくのはしのびないながら、カップオンコーヒーのマイルドブレンドの粉だけを流用してみた。ポットは8杯分が作れる用量だ。マイルドブレンドは粗挽きなので本来ポット推奨の細か挽きではない。その分、時間と粉の量の調整が必要だろうと予想した。

・6杯分(72g)×7時間
・7杯分(84g)×7時間
・6杯分(72g)×6時間
・6杯分(72g)×9時間

結果、最後の6杯分×9時間が一番おいしくはいった。9時間だと苦味が出てくるのだけれど、それがアクセントになってえぐみを消し去ってくれる。時間が短いと、薄い中にえぐみを感じてしまう。出しすぎはよくないにしても、出しすぎないのもおいしくないことがわかった。

よく喫茶店のアイスコーヒーは、濃い中にさらっと感があるのだけれど、そういう風には入らない。ホットで淹れたときの香りが凝縮された感じがする。水だしコーヒーはあまりおいしいというイメージがなかったのでちょっとうれしい発見だった。

クマネコ舎さんのカップオンコーヒー、マイルドブレンドは、こちら。

店舗に問い合わせてみたら、このブレンドは豆や粉では販売していないとのこと。ブレンドNo.1という銘柄にモカを足したものがマイルドブレンドなのだそうだ。試しに、ブレンドNo.1 を含むコクのブレンドというのを注文してみた。これでアイスコーヒーがおいしくはいるか試してみようと思う。

|

« 二把のニラで二品! | トップページ | 水出しコーヒー、新しい淹れ方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230444/46416282

この記事へのトラックバック一覧です: 粗挽きで水だしコーヒー:

« 二把のニラで二品! | トップページ | 水出しコーヒー、新しい淹れ方 »