« 2008年10月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年2月

2009年2月11日 (水)

ココナッツキャロットケーキ

春はすぐそこまでやってきましたね。
レシピも久々のアップです。

ココナッツロングってご存知ですか? ココナッツを細く削ったもので、しゃくしゃくとした独特の食感が特徴です。よくクッキーやパンのトッピングに使われます。私はこれをグラノラを作るために購入したのですが、どうもグラノラにたくさん入れると家族に不評。たくさん余らせてしまいました。


以前は、これと卵白と砂糖だけを合わせて、マカロンを作ったこともあったのですが、これも作り立ての食感しかおいしくないし、何か他によい使い道はないかと探しておりました。そして、たどり着いたのがこのレシピです。
和風にんじんケーキ

このレシピでは人参の臭み消しに味噌を使っていますが、今回は洋風なのでハチミツを使うことにしました。他のキャロットケーキのレシピものぞいてみましたが、ハチミツを使うとしっとりさせる効果もあるようです。オーブンを使わないので、ココナッツロングはあらかじめフライパンで軽く炒って香ばしさを引き出しておきます。たぶん、にんじんとココナッツの繊維質で、すごく腸に効くケーキになることでしょう。

結果は大成功でした。人参とココナッツ、とても合います。家族にも大好評でした。素材のしゃっきりした歯ごたえ、スポンジのしっとり感、もっちり感、ココナッツの風味と微かな人参の風味、きれいなオレンジ色。冷めてもおいしくいただけます。ただ…上手に切れない…。

070222


■材料
・人参 中 1本
・ココナッツロング 50g
・卵 2個
・砂糖(今回はきび砂糖) 50g
・ハチミツ 40g
・あればラム酒 10cc
・サラダオイル(またはとかしバター)15g
・牛乳 15cc
・薄力粉 160g
・ベーキングパウダー 5g

■作り方
1)人参を粗い方のおろし金で卸す。(F.P.でもいいと思いますが、粗めで)
2)ココナッツロングをフライパンでうっすら焦げ目がつくまで炒っておく。
3)牛乳までの材料をボールでよく混ぜる。
4)薄力粉とベーキングパウダーをさらに混ぜ込む。
5)炊飯器の内釜の内側に薄くサラダオイルを塗り、4を流し込む。
6)普通に炊飯スイッチを入れる。スイッチが切れたら、竹串をさして生地がついてきたらもう一度スイッチを入れる。
  (我が家の場合は、2回炊飯でできあがりました。)
  生地がついてこなくなったら、お皿にひっくりかえして冷ます。

まだ試していないのですが、砂糖とハチミツの割合を変えることで、しっとりとふっくらの調節ができるのではないかと予想しています。

※ココナッツロングはいろんなレシピを見るに、別のナッツ類に置き換えても、または省いても大勢に影響はなさそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2009年4月 »