« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月24日 (金)

保存が効く大葉のゴマ油&醤油漬け

大葉(青じそ)がたくさん収穫できる季節になりました。家庭菜園がある方は、お料理をする都度摘んでこれるのがうれしいですよね。たくさん収穫できたとき、お店で大量に新鮮な大葉が手に入ったとき、ぜひ試していただきたいのが、このレシピです。

25年ほど前学生だったころ、家庭教師をしていた韓国人の家庭の方に教わりました。それからずっと作り続けていますが、お弁当や薬味などに1年中重宝しています。たれも、大葉も、ご飯やお弁当のおかずにとても合います。そうめんの薬味にも。熱々の卵ご飯や白いご飯をくるんで食べるのが、一番おいしいかな。

■材料 (作りやすい分量)
大葉 100枚
ゴマ油 50ccぐらい
醤油 50ccぐらい
炒りごま 大さじ2杯ぐらい
化学調味料 お好みで(なくても十分)

■作り方
1)ガラス瓶などに、ゴマ油と醤油を同量、炒りごまも入れます。お好みで化学調味料も入れてよくかき混ぜます。

2)洗って、よく水分を切った大葉を1)のたれの中にまんべんなく浸るように沈めます。

冷蔵庫で保存し、大葉が飴色になったら食べごろです。清潔な箸で取り出せば1年ぐらい持ちます。タッパーでもよいですが、油分で汚れやすいのでガラス容器がお勧めです。化学調味料は私は入れたことがありませんが、入れなくても十分おいしいと思います。

減ったらタレも大葉も継ぎ足しOKです。新しい大葉を下のほうに押し込みます。なぜ炒りごまを入れるのか、不思議なんですが、これもまたおいしいんですよね。歯にくっつくけど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

アンチョビと梅肉のしゃきしゃきパスタ

初めてアンチョビの瓶詰めを買いました。トマトソースに入れてみたんだけど、何かちょっと味が目立たない。

きょうの料理のこのレシピ

を参考に、じゃこパスタを作ってみたのだけれど、魚臭さが全面に出てしまってこれもいまいち。それで考えてみたのが、この梅肉と新玉ねぎを使ったレシピです。なかなかさっぱりしていて、アンチョビも喜ぶかな?という風味に仕上がりました。醤油が決めてです。

季節によってはパスタは熱いままでもよいと思います。真夏は玉ねぎを少なめにして、そうめんでもいけるかも。食べながら思ったけど、アンチョビの代わりにサンマの蒲焼き缶なんかでも応用できそう。その場合はタレが甘いので調整したほうがいいかな。(って試してから言えよって?)

2人分
■材料
・スパゲッティ(細麺) 180g (お好きな量)
・梅干し 2個 種をとってたたいておく
・新玉ねぎ 1個 スライサーでスライスして冷塩水にさらしておく
・アンチョビ 3枚
・アンチョビが浸っていたオリーブオイル大さじ2杯
・醤油 大さじ1杯半
・胡椒 少々
・あれば、青じそや分葱(わけぎ)のみじん切り

■作り方
1)スパゲッティは分量外の塩を入れたお湯で茹でて、冷水でぬめりをとり、皿に盛る。
2)1)のスパゲッティの上に、水を切った玉ねぎをのせ、胡椒をふる。
3)アンチョビ、オリーブオイル、醤油、梅肉をスプーンでつぶしながら混ぜて、2)にのせる。
4)あれば、緑のものをのせるときれい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

食欲のでる冷や奴 クルミたっぷり

関東甲信越だけ、梅雨が明けてしまいましたね。なんだか蒸し暑い! あと2ヶ月続くわけですね、これが。

こんなときにはキンキンに冷えた冷や奴がご馳走ですよね。身体を冷やしてくれてほっとします。これは、偶然試したレシピです(レシピってほどでもないですね)。お菓子作りに余ったクルミを何に使おうかなぁ、青菜のクルミ和えにしようかなぁ、でもすり鉢で擦ったらもったいないしなぁ、なんて考えていて、なんとなく勝手に身体が動いて出来上がってしまったものです。

冷たい冷や奴に香ばしいクルミに麺つゆのほの甘さが、とてつもなくおいしく感じます。

■材料(2人分)
・絹ごし豆腐 1丁
・クルミ 5〜10粒
・麺つゆ(濃縮タイプ)大さじ2杯

■作り方

1)耐熱皿にクルミを広げ、電子レンジ(600W)で3分加熱します。

2)粗熱が取れたら、しっかり目のポリ袋に入れ、めん棒で粉々にします。(熱々のうちだとポリ袋が溶けます)

3)お皿ごと水切りしてキンキンに冷やしておいた豆腐に、2のクルミをたーーーっぷりかけ、さらに麺つゆをかけてできあがり。

お箸で崩しながら、クルミと一緒にほおばります。写真ではクルミがちょっと粗めですが、その辺はお好みで。お豆腐が見えなくなるほどクルミをかけて食べると、かなりおいしいです。

クルミはビタミン、ミネラル、良質のたんぱく質、良質な不飽和脂肪酸、食物繊維などを含んだバランスのよい食べ物なんだそうです。食欲の落ちがちな季節でものどごしのよい冷や奴とともに、こういった薬味で夏バテ予防を心がけてはいかがでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

ココアに茶筅

左側、野点用の茶筅。100均で315円で売っていたのを見つけた。茶筅って高いから、普段使いにするのをずっと躊躇していて、写真右側のお茶用のはしまい込んでいた。たまーに気が向いたときにお茶を点てるぐらいで。茶筅が寂しがってるかも。

普段使いしたかったのは、ココア。ココアを毎朝飲むのだけど、ペースト状に溶くのが結構面倒くさい。苦労した割に溶けない。以前、TVでココアマニアの方がお椀に茶筅で溶いていたのを見て、ずっとやってみたかったのだ。

そして今回リーズナブルな茶筅発見。それも細身なので、マグカップにそのまま使えそう。早速使ってみたら、グーでした。ココアとお砂糖(うちはマスコバド糖)とお湯少々を入れたマグカップに湿らせた茶筅を入れて、マグカップを傾けながらシェイクする。とってもすっきり溶ける。茶筅は匂いがつきやすいし、洗剤で洗ってはいけないらしいので、ココア専用を手に入れられてラッキーだった。予備にもう一つ買っておこうかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »