« アンチョビと梅肉のしゃきしゃきパスタ | トップページ | セロリとクルミの寒天よせ »

2009年7月24日 (金)

保存が効く大葉のゴマ油&醤油漬け

大葉(青じそ)がたくさん収穫できる季節になりました。家庭菜園がある方は、お料理をする都度摘んでこれるのがうれしいですよね。たくさん収穫できたとき、お店で大量に新鮮な大葉が手に入ったとき、ぜひ試していただきたいのが、このレシピです。

25年ほど前学生だったころ、家庭教師をしていた韓国人の家庭の方に教わりました。それからずっと作り続けていますが、お弁当や薬味などに1年中重宝しています。たれも、大葉も、ご飯やお弁当のおかずにとても合います。そうめんの薬味にも。熱々の卵ご飯や白いご飯をくるんで食べるのが、一番おいしいかな。

■材料 (作りやすい分量)
大葉 100枚
ゴマ油 50ccぐらい
醤油 50ccぐらい
炒りごま 大さじ2杯ぐらい
化学調味料 お好みで(なくても十分)

■作り方
1)ガラス瓶などに、ゴマ油と醤油を同量、炒りごまも入れます。お好みで化学調味料も入れてよくかき混ぜます。

2)洗って、よく水分を切った大葉を1)のたれの中にまんべんなく浸るように沈めます。

冷蔵庫で保存し、大葉が飴色になったら食べごろです。清潔な箸で取り出せば1年ぐらい持ちます。タッパーでもよいですが、油分で汚れやすいのでガラス容器がお勧めです。化学調味料は私は入れたことがありませんが、入れなくても十分おいしいと思います。

減ったらタレも大葉も継ぎ足しOKです。新しい大葉を下のほうに押し込みます。なぜ炒りごまを入れるのか、不思議なんですが、これもまたおいしいんですよね。歯にくっつくけど。

|

« アンチョビと梅肉のしゃきしゃきパスタ | トップページ | セロリとクルミの寒天よせ »

コメント

こんばんは(^^)

保存が効くレシピはとても嬉しいですね♪

家に帰っておかずがない()って時とか、この大葉のゴマ油&醤油漬けがあったら

ご飯が進みそう(^o^)

今週から1週間夏休みなので、コリデールさんのレシピをいろいろ実行してみようと思います(^-^)

投稿: chocoart | 2009年7月25日 (土) 22時45分

chocoart さんへ

夏休み、いい響きですね。レシピ試してくださるなんて、うれしいです。

私が最近感動したクックパッドのレシピもこっそり。いかが?

きゅうりの胡麻ごまひと手間かけて

http://cookpad.com/recipe/804058

居酒屋さんで教わった大根サラダ

http://cookpad.com/recipe/84482

タレも美味しい本場のチヂミ

http://cookpad.com/recipe/373133

刻んで入れよう。ねばねばそうめんのたれ

http://cookpad.com/recipe/213376

「きょうの料理」ではこの2つ。

http://www.kyounoryouri.jp/recipe/6745_鶏肉の唐揚げ%20エスニック風味でたまりません%21%21.html

http://www.kyounoryouri.jp/recipe/8488_豚肉とたまねぎのソースづけ.html

今度やってみたいのがこれ。

自宅でできる!!簡単タイ風カレー

http://cookpad.com/recipe/310824

リンク貼りまくりになってしまいました。

よい夏休みをお過ごしくださいね。

投稿: コリデール | 2009年7月26日 (日) 06時19分

この大葉のヤンニョム(薬念)、刻んで作ったら、納豆やソーメン、何にでも使えるので重宝してます。

投稿: ぶり | 2009年8月 2日 (日) 15時20分

ぶりさまへ

ヤンニョムっていうんですね?知りませんでした。確かに刻んで作っておけば、使いやすいですね。刻んだのと、そのままのと、両方作っておこうかな。

ありがとうございます。

投稿: コリデール | 2009年8月 2日 (日) 15時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230444/46416297

この記事へのトラックバック一覧です: 保存が効く大葉のゴマ油&醤油漬け:

« アンチョビと梅肉のしゃきしゃきパスタ | トップページ | セロリとクルミの寒天よせ »