« ミツバチ問題とカシス酒の悲哀 | トップページ | てんぷら饅頭-伊那谷の郷土菓子 »

2009年9月 8日 (火)

夏の終わりの夏野菜エスニックカレー鍋

だいぶご無沙汰しておりました。九州方面では野菜が高騰しているとか。こちら信州では、そこそこ日々の野菜にことかくことはありません。夏野菜がまだまだ豊富に手に入ります。今のうちにたくさん食べておかなくては。今回は、ヒレ肉を茹でた茹で汁とヒレ肉少々を使ってみましたが、本来は焼き目をつけて余分な脂を除いた一口大の鶏もも肉あたりがおいしそうです。そうめんでつけ麺風にどうぞ。


■材料 2人分
なす 2本 乱切りにしてみょうばん水にさらしておく
ピーマン 4個 4つ割
トマト小 3個 一口大
カボチャ 1/8個 一口大
ニンニク 1かけ みじん切り
ショウガ 1かけ みじん切り
ゴマ油 適量
カレー粉 大さじ2
水 カップ2
ブイヨン 小さじ2
ココナッツミルク 200ml
ナンプラー 大さじ2
黒砂糖 大さじ1 (国産の黒砂糖の場合は白砂糖と半々ぐらいがよい)
コリアンダー(あれば) 適量
クミン(あれば) 適量
茹でたそうめん 2人分

■作り方
1)なす、ピーマンはゴマ油をまぶして、耐熱容器に入れてラップをし、600Wで5分加熱する。
2)カボチャも同様にゴマ油をまぶして、1)とは別に加熱する。
3)鍋にゴマ油、ニンニク、ショウガ、クミンを入れ、香りが立つまで炒める。カレー粉を入れてさらに炒める。
4)水、ブイヨンで量を調整し、黒砂糖、コリアンダー、1)2)の野菜とトマトを入れて煮立てる。
5)最後にココナッツミルク、ナンプラーで味を整える。

■食べ方&ポイント
・そうめんをからめながらいただくととってもおいしいです。
・夏野菜を煮ないでレンジで加熱することで色よく独特の存在感に仕上がり、あくをすくう手間も省けます。
・黒砂糖はうちではフィリピンのマスコパド糖を使っているので癖が少ないです。国産のだったら、白砂糖と半々ぐらいが丁度良いと思います。
・カボチャはまず3分ぐらい加熱してから、一口大に切るとラクです。握力ない人向き。

|

« ミツバチ問題とカシス酒の悲哀 | トップページ | てんぷら饅頭-伊那谷の郷土菓子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230444/46416300

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の終わりの夏野菜エスニックカレー鍋:

« ミツバチ問題とカシス酒の悲哀 | トップページ | てんぷら饅頭-伊那谷の郷土菓子 »