« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月26日 (木)

クマネコ舎さんの新商品「8g×50杯お徳用袋」

クマネコ舎さんからの新商品。

1パック17円を豪語している「ドリップバッグ(標準8g入り)マイルドブレンド50杯お得用」という商品、試してみました。4パックで1パックおまけになるので、送料を考えなければ15円になります。なんでも奥様が通常商品「マイルドブレンド」12gを8gにして、50個まとめてアルミパックに入れれば?と発想されたそうな。エコと安さが売りというわけです。

パッケージ全景と、ジッパー部分の拡大写真。


このジッパーがどのぐらいいい仕事をしてくれるのか、お試し中です。やっぱりアルミパックの命は香りですから、香りが飛んでしまったり、酸化してしまったりしたら、最後の50個までおいしく飲めないわけです。

30個まで試したところ、ジッパーを開けるたびに依然としてよい香りがします。50個飲み切って、次のパックの封を切るときに何か違いが分かるかもしれません。

8gということでドリップパックも廉価版。カップオンタイプではなく、ハングタイプ。これがチープな感じで嫌いだったんですが、この香りであれば「許せる!」。

マグカップに掛けるならお湯に浸らずOK。小さい癖に、8gの癖に、よい味を出します。マグカップだと半分ぐらいで注ぐのはストップですね。

普通の珈琲カップだと、こんな風に工夫してみたんだけど、お湯を注ぐとくしゃっと落ちてしまってダメ。下部が浸るのは我慢。それでも味的には許せるかな。許そう。

また50個飲み切った感想は改めて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

ひねしょうがの保存

ちょっと検索してみたんですが、ショウガの保存方法にもいろいろあるんですね。皆さん工夫されているみたいです。


■水没させて瓶で密閉させる方法

Cpicon ほんとに長持ち☆生姜の保存方法 by うまうまスマイル

ときどき水を替える必要があるみたいですが、まぁまぁ持つみたいです。


■焼酎(ホワイトリカーなど)に浸して瓶詰めの方法

Cpicon 6ヶ月OK!しょうがの保存方法 by くまんぼう

上の方法と違って菌が繁殖しないせいか、6ヶ月は持つということです。浸した焼酎も何度も使えるようです。


■義母から教わった方法

・丸ごとジップロックなどに入れて凍らせる
・使うときは、皮ごとすり卸す

ところが、これ、すり卸すのにかなり力がいるのと、膠原病もちにはちょいとつらい。レイノーが出ちゃうんですね。だから、最近はやっていません。


■そしてコリデール流

生姜焼きなどショウガをたくさん使いたい料理のときや、安く売っているときなんかに、1袋(2、3個入り)分を買ってきますが、使い切れない分をこんなふうに処理して冷凍庫にストックしておきます。(今年は、ひねしょうがが高いような気がしますね)

皮(豚を茹でたりするときに重宝)
・皮は1個分ずつ剝いて、ラップに包んで冷凍。

みじん切り/すり卸し
[丁寧]
・みじん切り、またはすり卸したのを用意して、それぞれ平たい蓋などにラップを乗せた上に広げる(汁ごとね)。
・ラップをかぶせた上から、へらなどで小さじ半分ずつぐらいになるように筋を入れておく。
・そのままそっと凍らせてから、筋にそってパキっと折り、ジップロックに入れておく。
[雑]
・面倒なときは、筒型にラップで包んでジップロックに入れ、そのまま凍らせておく。使うときに端から折って使う。(場所を取るのが難点)

こうしておくと、使いたいときにいつでもショウガのみじん切りとか卸しが取り出せて便利です。あ、解凍はお料理始める前に常温に戻しておくか、急ぐときはレンジで軽くチンでOKです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »