« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月 4日 (金)

クマネコ舎さんの新商品「8g×50杯お徳用袋」その後

写真は2個で送料無料とありますが、共同購入のそのときどきで、いろいろお得感が変わります。私が買ったときは4袋でおまけ1袋でした。基本的に、この商品は共同購入でしか登場しないので、入手されるにはメルマガ登録しとくといいでしょう。

ところで、旦那と2人、すっかりこの珈琲のファンになってしまいました。従来の12gのをしばらく飲んでいなかったせいもあるのですが、

甘さと香りが際立っていておいしいですね。それが50袋をジッパー開け閉めで、最後までおいしく飲めるか実験してみたんですが、私の感覚では遜色なかったです。次の袋を開けたときの香りとそんなに差がなかったんですね。

アルミ袋&ジッパー恐るべしです。中に脱酸素&脱二酸化炭素剤がはいっているんですが、これの効力は24時間ぐらいだというし、やっぱり袋の密閉度のせいでしょうか。あとは室温(10度程度)もあるかもしれません。夏は要注意かもですね。(あともしかしたら「粗挽き」のせいかもしれません。なんとなく細か挽きは酸化しやすいイメージがあるので。)

ドリップパックの下部は珈琲液に浸ってしまうけど、組み立てるのが簡単だったりするし、お気軽度とおいしさを天秤にかけると、結構アナドレナイ商品かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生クリームなし全卵使いのカルボナーラ

ごく普通のカルボナーラの材料には、生クリームが登場し、卵は黄身だけを使うものが多い。これだと庶民には、白身が余るし、生クリームは普段買わないし、で、困るのだ。

カルボナーラを美味しく作るための3つのコツ - T/O

最初このサイトで見つけた。全卵を使い、生クリームを使わない。いつか作ろうと思っていたら、また見つけた。

[カルボナーラ] 料理レシピ|みんなのきょうの料理

やはり卵液を入れたあとの火加減が難しいようで、コメントを見ると皆さん苦労されている。

私も2回作ってみたが、2回とも、ちょっとぼそっとした感じになり、「きょうの料理」の写真にようななめらかな仕上がりにはならなかった。まぁでもおいしかったけど。何度か挑戦したら火加減も分かるようになるかな。

ちなみに私は火を止めてから卵液を絡めてます。

黒コショウは粗挽きたっぷりがお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »