« 塩イカ、塩いか、塩丸 の塩抜きと和え物 | トップページ | らっきょう漬け »

2010年7月 4日 (日)

冷凍コーンの下ごしらえ

冷凍コーンがべっちゃりせず、もちっと噛みごたえのある食感に変身します。

20年ぐらい前OLだったころ、新宿ワシントンホテルの2Fのパン屋さんで、よくランチをしました。そこでよく食べたコーンサラダの食感が忘れられず、今回再現に挑戦してみました。

たぶん、こんな感じだったと思います。もちっとして(べちゃっとしてなくて)噛みごたえがある…。よくパンの上に載っているコーンがこんな食感ですよね。あれはパンと一緒に焼いてあるから、あんな感じに仕上がっているんでしょうね。

今までは強火でフライパンを十分熱してから凍ったコーンを投入していたんですが、それでもべっちゃりしてしまい、時間をかけると逆に出て来た水分が糊化して焦げてしまい、どうもうまく水分を飛ばせませんでした。

冷凍コーンを使いますが、たぶん缶入りのコーンでも時間さえ調整すれば同様にできると思います。でも缶入りコーンはシャキシャキした食感を生かしたいときに使えばいいんじゃないかと思っています。

■作り方(冷凍200gの場合)
1)平たい皿に冷凍コーンを凍ったままザラザラと広げます。
2)ラップをせずに電子レンジ600Wで約5分強加熱して水分を飛ばします。焦げないように様子を見ながら加熱してください。お皿に水分が残らず、コーンの表面が乾いたぐらいでOKです。

サラダや炒め物に。写真はベーコン、玉ねぎ、ピーマン、ブロッコリーの芯とバターだけで味付けした炒め物です。ベーコンは手作りでしょっぱいので、塩味は足していません。

|

« 塩イカ、塩いか、塩丸 の塩抜きと和え物 | トップページ | らっきょう漬け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230444/46416317

この記事へのトラックバック一覧です: 冷凍コーンの下ごしらえ:

« 塩イカ、塩いか、塩丸 の塩抜きと和え物 | トップページ | らっきょう漬け »