« ヨーグルト水切りにペットボトル、意外とポピュラーだった | トップページ | 太さが一定でない野菜を輪切りにするとき »

2010年8月17日 (火)

調理器具の大幅新調(その2)

先月新調した調理器具、続きです。まだまだ買っていた…。

★ 3キロまで計れるキッチンスケール

タニタ デジタルクッキングスケール KD-321 シルバータニタ デジタルクッキングスケール KD-321 シルバー

comolife
売り上げランキング : 23680

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今回これが一番高くて、買うのに勇気が必要だったもの。今までの1Kgまでのだと足りなくなって来たので、3Kgまで計れるのが欲しかった。風袋計りといって、容器を載せてから0に合わせ、次々と食材を足していく計り方ができるので、やっぱりデジタルはすごくラク。でも容器が重たいと、すぐに1Kgに達してしまうので、パズルみたいな計り方をしていて大変だったのだった。

おまけ機能として、牛乳がmlで計れたり、0.1刻みで計れたりする。ステンレスのお皿ははずして洗える。使わないけど、わざわざ乾燥機みたいなケースまでついていて高級感あり。


★ シリコン製水切りザル

これは調査しないで買ったので980円もしました。しかし、とっても活躍してます。玉ねぎや刻みきゅうりのもみ洗い&水切りができて、レンジに入れるときにボールの蓋ができる。


★ 薄い耐熱まな板

私が買ったのはAg加工してないみたい。大きさがほどよくて、傷がつき難くて、いい感じに使えます。古いほうの薄いまな板(100均)は4つに切って、スクレーパーにしました。

|

« ヨーグルト水切りにペットボトル、意外とポピュラーだった | トップページ | 太さが一定でない野菜を輪切りにするとき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230444/46416323

この記事へのトラックバック一覧です: 調理器具の大幅新調(その2):

« ヨーグルト水切りにペットボトル、意外とポピュラーだった | トップページ | 太さが一定でない野菜を輪切りにするとき »