« 洗濯についての備忘録 - その2 | トップページ | 洗濯についての備忘録 - その1[脱水したらすぐに干す] »

2010年11月22日 (月)

洗濯についての備忘録 - その3[お風呂のふたの上でセーターを平干し]

今回の内容は、ヒーターがついているお風呂場をお持ちの方には不要なTipsです。


あの洗濯王子さまのサイトを最近発見しました(遅いって)。確か「ためしてガッテンで」タオルをふかふかにする極意を紹介されたゲストで初めて知りました。素敵な青年ですよね〜。

なんでもハスに見る私は、いわゆる「○○王子」って、爽やかさだけが売りなのだと思っていましたが、この方はブログを拝見してすぐにファンになりました。洗濯王子さまになった理由が

一般の方へ、効果的でわかりやすいアドバイスが、
もっと必要なのではないか?と考えるようになり
インターネットで、クリーニング・洗濯についての
相談を受け付け修正やアドバイスを行う

あまりよいイメージが無いとされる
クリーニング業界であるが、多くの人に
「クリーニング師ってカッコイイ!」
という認識を持ってもらえるように
クリーニング業の地位向上を常々考えている。

なんて素晴らしい! 専門家が一般の方へ知識を広げたい、イメージを変えていきたい、そんなところに感心しました。

しかも長野というのは知っていたのですが、かなりご近所みたい。うーん、近所のどの辺かまでは分からないけど。


その洗濯王子さまのブログで最近見た記事の中に、平干しグッズDIYのページがあって、さすが〜と思いました。これなら数百円でできますし、買わなくても意外と家の中にある素材だったりします。かさばらないのもいいし。

平干し改善策|洗濯アドバイザー中村祐一オフィシャルブログ!

これを既製品で買うと1段で1000円近くします。

ところで、コリデールは今までどうしていたかというと、吊り干しにするとびろんびろんになりそうなニットは、やはり真面目に平干しにしていました。実はここからが本題です。

あるとき気付いたのが

お風呂の蓋の上に干すと速く乾く

しかも大事なポイントは

お風呂の残り湯が入ったままの状態

お風呂の蓋の上って意外と暖かいんです。そこに形を整えてセーターを広げます。蓋に溝がないような作りだと湿った空気が逃がせませんので、大きめのバスタオル(できれば速乾性の素材であれば尚OK)をセーターより広めに敷いた上に載せます。

こうすることでセーターの下からの湿気をタオルが吸い取り、周囲から蒸発させてくれるのです。

もちろんお風呂のドアは開けて、換気扇も回してください。

|

« 洗濯についての備忘録 - その2 | トップページ | 洗濯についての備忘録 - その1[脱水したらすぐに干す] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230444/46416333

この記事へのトラックバック一覧です: 洗濯についての備忘録 - その3[お風呂のふたの上でセーターを平干し]:

« 洗濯についての備忘録 - その2 | トップページ | 洗濯についての備忘録 - その1[脱水したらすぐに干す] »