« セルロース&コットン素材のふきん | トップページ | 洗濯についての備忘録 - その2 »

2010年11月10日 (水)

えのきの処理と「なめたけ」風

人工栽培のキノコ類は、根元に「おがくず」がついていて、取るのが面倒ですよね。写真のような手順で、袋ごと根元を切り落とすと、散らからずにきれいに処理できます。長さを短くしたいときも、袋から出さずに切ると飛び散りません。



▼ あとはお鍋に入れてから、根元をばらします。ある調理人の方は爪楊枝で割いておられましたが、新鮮なうちならば、手でさばけば簡単にほぐれると思います。

▼ 写真は[えのきの酢浸し] 料理レシピ|みんなのきょうの料理を作ったところ。

ビン入りのナメタケと似たような味ですが、これだけの材料でお砂糖も入れずに甘くとろっとした煮上がりになりました。現在好評中の簡単メニューです。

|

« セルロース&コットン素材のふきん | トップページ | 洗濯についての備忘録 - その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230444/46416331

この記事へのトラックバック一覧です: えのきの処理と「なめたけ」風:

« セルロース&コットン素材のふきん | トップページ | 洗濯についての備忘録 - その2 »