« 2011年1月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年2月

2011年2月13日 (日)

簡単なオランジェの作り方(オイルヒーターがある家向き)


最近、ガーナのiPhoneアプリが出ました。チョコレシピがたくさん見られます。インターネットからも見れるんですね。

★の数が多いほど難しいのですが、私はチョコの扱いは初めてなので★1つの初心者用のレシピを検索してみました。


以前パティシエが作ったというオランジェを買っておいしかった記憶から、このオランジェに惹かれました。

お口の恋人 ロッテ|チョコレート|ガーナ|新着!手づくりスイーツレシピ |オレンジチョコバーの作り方
お口の恋人 ロッテ|チョコレート|ガーナ|新着!手づくりスイーツレシピ |オランジェットの作り方


しかし、オレンジピールが手元になかったので、伊予かんでピールを作ってみました。

■材料
・伊予かんの皮
・洗ったあとの皮の重量の60%のグラニュー糖

■作り方
1)伊予かんの皮を3回ほど煮こぼして、白い渋皮を指でこそぎとる
2)好みの大きさに切る
3)グラニュー糖とひたひたの水と一緒に鍋に入れ、水分がほどほどになくなるまで煮詰める(20分ぐらい)
4)ザルの上にオーブンシートを敷き、その上に3)を並べて、オイルヒーターの上に放置する

3)の状態でも食べられますが、2日ぐらい水分を飛ばすと歯ごたえもあって噛み締めるような硬さに仕上がりました。

同様の作り方でリンゴ(サンフジで試しました)でもできます。これもおいしい。

■リンゴの場合
1)リンゴ1個を櫛形に5ミリぐらいの厚さに切る
2)砂糖(ブラウンシュガーでもてん菜糖でもなんでも)を裏表面にふりかけ、水分を出す(一晩おいてもOK)
3)レンジで様子を見ながらしんなりするまで加熱する(600Wで数分)

あとは伊予かんと同様に、ザルの上で乾燥させます。


これにテンパリング(って初めて知った!)をしたガーナブラックをからめれば出来上がり!

しかし、スケベ根性を出してしまい、せっかくきれいに溶けたチョコにブランデーを入れてしまい、…がーん。
みるみるつやを失い、がさがさの塊になってしまったとさ。気をつけましょう。ガーナのレシピにも、しつこいほど「水を入れるな」と書いてあったのはそういう意味だったのですね。失敗は成功のもとってことで…。

で、仕方なく、固まってしまったところだけを包丁で刻んで(これはラクに刻めた)このレシピで無事復活しました。

お口の恋人 ロッテ|チョコレート|ガーナ|新着!手づくりスイーツレシピ |洋梨のダブルチョコクラフティの作り方

これにも、リンゴの甘煮をいれました。あまり甘くしないほうがチョコとあいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年8月 »