« ペットボトル干しに困っていませんか? | トップページ | さるまた酒、いえ、さるなし酒 »

2011年9月10日 (土)

超うま「カリカリ蕎麦の実ふりかけ」自家製版

信州の観光地なもんで、近所のお土産屋さんによく並んでいるけど、高いから買わないのが「蕎麦の実(蕎麦茶)ふりかけ」と「野沢菜ふりかけ」。

「蕎麦の実ふりかけ」には「韃靼(ダッタン)そば」を使ったのと普通のそばの実を使ったのがある。韃靼そばは高いのと、地元産じゃないというのが理由で、いつも普通の「煎った蕎麦の実」=「そば茶のもと」にしている。


…なんで、自作してみた。

そば茶のカリカリ感がたまりません。うーん、永谷園のお茶漬けに入っているアラレのカリカリが好きだったのを思い出しました。私のカリカリ好きのルーツはそれだったのだ!


まず、どこかのお土産屋さんでそば茶を入手。ふつうにそば茶として飲んでもおいしいしです。こういうのが良心的なお店なら300円から400円で売っています。ダッタン蕎麦は600円ぐらいします。栄養を考えたらルチンが100倍含まれているというダッタン蕎麦のほうがいいかも。しかし私はひたすらカリカリ感を求めているので無視。



今回はこんなのも手に入ったので追加。

なかったら市販の顆粒昆布だしで昆布だけでできているものを使うといいと思います。

■材料(すべて好きな割合で)
・そば茶=煎ったそばの実
・塩(なるべくさらっとした塩がいい)今回は岩塩、顆粒状の塩も市販されていますね
・味付け海苔を刻んだもの
・炒りごま(白でも黒でも両方でも)

いれるとグッドなもの
・鰹だし粉やいり粉だし(粉末や顆粒状)
・昆布ふりかけ(入院先の魚屋さんで買った)

■作り方
・全部混ぜるだけ
 味付け海苔は湿気を吸ってべたっとしますが、混ぜるとほかの粉のものがまぶされてくっつかなくなります。

入れ物に使った粉チーズの空き容器

すぐに全部食べちゃう自信のない人、もし持っていれば、乾燥剤も一緒に入れとくといいかも。重たいものや小さいもの、さらっとしたものが沈みがちなので、使うたびに振ってから掛けるといいです。

|

« ペットボトル干しに困っていませんか? | トップページ | さるまた酒、いえ、さるなし酒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230444/46416339

この記事へのトラックバック一覧です: 超うま「カリカリ蕎麦の実ふりかけ」自家製版:

« ペットボトル干しに困っていませんか? | トップページ | さるまた酒、いえ、さるなし酒 »