« ずぼらな人のためのエコなYシャツメンテ術 | トップページ | おはぎのカロリー »

2014年10月 5日 (日)

ピンガとカサーシャ

20年ほど前になります。ブラジル料理、たしかお肉が食べ放題のお店でした。串焼きにしたお肉を店員さんがナイフで目の前のお皿に取り分けてくれるのですが、何か合図をしない限り、わんこそばのように際限なく追加してくれました。
そこでセルフサービスでカクテルも飲み放題だったのですが、そのときのお酒が「ピンガ」といいました。ライムの串切りと上白糖をグラスに入れて、棒でつぶし、蒸留酒を注ぎます。かなりアバウトなカクテルでした。
それが懐かしく、ちょっと遠い大きな酒屋さんにピンガを探しに行きました。「カサーシャ 」という名前で売っていました。こんな商品。
Img_3078
ライム果汁も売っていましたが、ポッカレモンのようには安くありません。同じ棚にシークワーサーの果汁が売っていました。果汁100%で一瓶だいたい600円から800円。同じ高いなら、そこは試しにシークワーサーと蒸留酒ということでジンを購入。
今回買ったのは、この商品です。
Img_3240
記憶を頼りに、シークワーサー果汁と上白糖を溶かし、それにジンを注いでみました。こんな感じだったかな。アルコール分が強くて、ちょっと酸っぱくて、ライム系の香りがしてあまーいカクテル。調べたらこういう組み合わせのカクテル、あるかもしれませんね。
ウォッカでも試してみましたが、ジンのほうが合うように思いました。果汁は冷蔵庫、蒸留酒は冷凍庫で保存し、グラスも冷やしておくと美味しく戴けます。

|

« ずぼらな人のためのエコなYシャツメンテ術 | トップページ | おはぎのカロリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230444/57583614

この記事へのトラックバック一覧です: ピンガとカサーシャ:

« ずぼらな人のためのエコなYシャツメンテ術 | トップページ | おはぎのカロリー »