コリデールのレシピ

2016年9月22日 (木)

姑さんに一目おかれる おはぎ の作り方

先週アップするつもりが、なんだかんだと当日になってしまい、これでは一目置かれるどころか、呆れられること必至。来年の春分で挑戦してください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 材料 (かなり大きめおはぎ8個分)

1r0015683_3

 ・普通のお米2合

 ・切り餅2個

 ・100均の粒あん3袋=600g (お好みでこしあんの方でも)

      粒あんは、近所の和菓子屋さんで分けてもらってもいいかも。

 ・手に入ったら、桜の花の塩漬け

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 作り方


1
)ご飯を炊く

 2r0015713

お米2合を研いで水加減をします。その上に「切り餅2個」を載せます。

水加減はひたひたぐらいがいいです。写真のはちょっと多すぎです。おこわモードがある場合はその量で。もし使う粒あんが甘~い場合は、少々の塩を混ぜて炊くとよいですよ。

炊飯コースは、おこわモードがあればそれで、なければ白米モードで大丈夫です。

★その間に、粒あんの袋をぬるま湯に浸けて温めておきます。こうするとご飯にくっつきやすくなります。

 

 2bimg_7694



2
)ご飯をつぶす

3img_7686

炊き上がったらお餅がめちゃっとして、すごいことになっていますが、大丈夫です。

4img_7689

しゃもじでお餅を混ぜこむように、しごくように混ぜて、ご飯のつぶつぶがほんのり残る程度にします。よく半殺しって言うけど、その辺はお好みで。

3
)粒あんを丸めておく

9img_7710_2

ラップをかぶせたお皿に、8等分になるように絞り出します。写真はラップをかぶせてないので取りにくく後で反省。

4
)ご飯を丸める

5img_7692  

粗熱がとれたところで、ケーキを切るように等ぶんにします。熱いと丸めるとき火傷しますからね。

6img_7703

粗熱がとれたら丸めて、ラップをかぶせたお皿に乗せて、乾かないようにラップをしておきます。



5
)包む

7img_7699

つぶあんをラップの上に伸ばします。

8img_7706

丸めたご飯を乗せて、ラップで包み、ご飯が見えなくなるように包み込みます。

って書きたいところなんですが、この方法はコツがいるようで、たぶん中ほどを薄く、端を厚めに伸ばしておくと良かったんでしょうね。初めてこの方法でやったのがバレバレですが、私には難しかったです。

薄~いエンボス加工の使い捨て手袋をして、直接包むほうがラクでした。昔は全部手でやってましたけど、手に餡がたくさんついちゃうし、現代ではどうも不衛生みたいですね。

これで出来上がり〜♪ 以上で、初心者さん、ずぼらさんも、おはぎ作ったぜぇ、と威張れるようになります。

10img_7723

6個しかないのは、作ってる途中で旦那と1個ずつ失敬したからです、すみません。



運良く桜の花の塩漬けが手に入ったら、5分ほど水に浸けて塩抜きをしてキュッと絞って、おはぎの上に貼り付けると、塩味がアクセントになるし、見た目も素敵。姑さんの評価もレベルアップ間違いなし。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ いくつか注意点

・市販のつぶ餡の甘さはまちまちなので、包むときの餡の量で調整します。


・餡が硬い場合は温めると少しゆるくなります。硬さに関しては、袋を押した感じで確認してから買うこと。


・甘過ぎたり硬かったりで、お鍋に入れて水足そうなんて手間かけるんだったら、小豆から煮たほうがいいと思われます。



次の記事で  実は簡単、自分でつぶ餡は作れる!というのを書く予定……予定です。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 気になるカロリー について

 今回の材料

 ・ご飯1合=約350g (茶碗1杯は150g)=534Cal

 ・切りもち1個=50g =118Cal

 ・粒あん1袋=200g 500Cal

 なので

 ・ご飯2合(700g)=約534Cal x 2 =約1070Cal

 ・切り餅2個(100g)118Cal x 2 =約240Cal

 ・粒あん3袋(600g)500Cal x 31500Cal

全部で約2800Cal

8個で作ったら1個あたり350Cal(6枚切り食パン2枚分ぐらい)

ちょっと大きいけど、半分のを2個食べるのと同じだからいいんじゃない?

ちなみに一般的なおはぎ、コンビニのおはぎのカロリーはこちらを参照ください。

「おはぎ」のカロリー - 簡単!栄養andカロリー計算



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 あれこれ無駄口


おこわを作りたいときに切り餅を載せて炊くという裏ワザをどこかで見て、おこわを炊きました。そうしたら水分が多かったのか、しゃもじで混ぜているうちに、まるでおはぎのご飯みたいになってしまったのです。そうかぁ、おはぎを作るときはこのワザを使えばいいのか!と、次のお彼岸に備えて切り餅を残しておきました。

これなら炊くだけだしスリゴギで潰さなくてもいいしラクだよね。しゃもじで混ぜるだけだもん。

粒あんですが、私は小さいころから作っているので小豆を煮るのは苦になりません。用途に応じて作り分けていました。この辺は母に仕込まれたので。

ただ最近は小豆が結構高いし、おはぎに使う分だけ煮るのは何となく無駄(残ったら冷凍はできるよ)。それで記憶にあったのが、和菓子屋さんの餡。この時期になると売っているところもあるし、たぶん事前にお願いしておけば作ってもらえると思います。和菓子屋さんのだから美味しいと思うし。たぶん、きな粉やゴマのおはぎの中に入れるにはちょうど良い硬さなんじゃないかな。外にまぶすには硬いというときは、レンチンで温めるとよいです。

あとは試しに缶詰の粒あんを買ってみたのですよ。あれはそのまま食せるように水分多めになっているんでしょうね。でもおはぎを作るにはユルすぎで、かといって、元々がかなり甘いので、煮詰めたりレンチンで水分を飛ばすととんでもなく甘くなるので、これは使えない。

そしてある日、100均で粒あんを見つけました。信じられない。最近はこんなのも売ってるんですねぇ。で、ちょっと甘いけど、硬さはちょうどいいので、今回はこれを使うことにしました。

うちは昔から甘さ控えめの粒あんで作っていたので、大きさが一般的なおはぎの倍ぐらいあるのですよ。でも今回100均の粒あんを使ったら、大きく作っても甘かったなぁ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 他にも参考になる作り方、以下の方のもご覧くださいね。

 

なんちゃってもち米で作る、つぶあんのおはぎの簡単な作り方 | nanapi [ナナピ]

レシピ・ぼたもち(おはぎ)の作り方 - YouTube

Botamochi (Ohagi) ぼたもち(おはぎ)作り方レシピ - YouTube

保存保存保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月21日 (水)

おはぎのカロリー

以下が大きめおはぎ8個を作るときの材料です。

 カロリー

ご飯1合=約350g (茶碗1杯は150g)=534Cal

切りもち1個=50g =118Cal

粒あん1袋=200g 500Cal

 なので

ご飯2合(700g)=約534Cal x 2 =約1070Cal

切り餅2個(100g)118Cal x 2 =約240Cal

粒あん3袋(600g)500Cal x 31500Cal

全部で約2800Cal

8個で作ったら1個あたり350Cal(6枚切り食パン2枚分ぐらい)

 

ちょっと大きいけど、標準のを2個食べるのと同じだからいいんじゃない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 3日 (火)

シリコンスチーマーを初めて使ってみた

春なんですねぇ…信州高遠は16日満開の予想。

昨日ですが、リサとガスパールのシリコンスチーマーというのを旦那がゲットしてきてくれた。食パンのシールを集めると全員もらえる景品みたいだ。今まで流行っていたけど、食洗機もないし洗うの面倒そうだなぁそれにばか高いし…と買わなかった。代わりに耐熱ガラスの大きなボール(キャセロールと呼ぶらしい)で重宝していた。私の指でも今まで割らずに使えていて、ガラスなので匂いもつきにくいし。

▼ こんなの


▼ 早速試してみたシリコンスチーマー

けっこういい感じです。匂いが付かないものとか、少量なら使い出がありそうです。レシピブックにはジャムの作り方や、各種野菜の調理時間が書いてありました。

▼ これは100均に並んでた春っぽい湯のみに盛りつけてみたところ


「レンジアップ」カブの作り方 : ためしてガッテン - NHKの作り方に、ドレッシングは[セロリの柚子(ゆず)こしょうだれ(おすすめストック)] 料理レシピ|みんなのきょうの料理のマロンさんのゆず胡椒を使ったのをかけてみた。

このドレッシング、すんごい簡単だしお勧めです。茹で野菜ならなんでも合います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

さるまた酒、いえ、さるなし酒

さるなし酒

Wikipediaより
サルナシ - Wikipedia

サルナシ(猿梨、学名:Actinidia arguta)はマタタビ科マタタビ属のつる性植物。別名:シラクチカズラ、シラクチヅル。果実はしばしばコクワと呼ばれる。

野生動物ではニホンザルやツキノワグマ、ヒグマなどが好んで大量に摂食して種子散布に貢献し、クマ類がこればかりを大量に食べた後の糞の外見はキウィフルーツのジャムに酷似する。このように、ヒトを含む哺乳類の味覚の嗜好に適する点、鳥類による種子散布に頼る植物の果実の多くの色が赤色か黒色である点、哺乳類に発達した嗅覚を刺激する芳香を持つ点から、主として哺乳類の果実摂食による種子散布に頼る進化を遂げた植物であると考えられる。

キウイフルーツに似ているけど、栽培が難しくて断念、近縁種のキウイを日本に導入したんだそうな。

近所のお土産やさんで初めて遭遇。

洗って、1個食べたら、キウイフルーツそのものだった。大きさは写真じゃ分かり難いけど長さ2cmぐらい。キウイよりはるかにはかない。

言われたとおり、洗って乾かして1リットルの焼酎に漬け込みました。検索すると、レモンとか氷砂糖を入れろと書いてあるけど、農家の方の書いたとおりにしましたです。あ、浮いてこないように、200gだけ氷砂糖をのっけて、その上から焼酎をそそいだ3日後がこれです。

7割がた上に浮いて来ていますね。

3ヶ月で引き上げろと書いてあるので、そうしなくちゃ。きっとキウイ酒と同じような風味なんだろうと予想しますが、結果はまたいずれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

超うま「カリカリ蕎麦の実ふりかけ」自家製版

信州の観光地なもんで、近所のお土産屋さんによく並んでいるけど、高いから買わないのが「蕎麦の実(蕎麦茶)ふりかけ」と「野沢菜ふりかけ」。

「蕎麦の実ふりかけ」には「韃靼(ダッタン)そば」を使ったのと普通のそばの実を使ったのがある。韃靼そばは高いのと、地元産じゃないというのが理由で、いつも普通の「煎った蕎麦の実」=「そば茶のもと」にしている。


…なんで、自作してみた。

そば茶のカリカリ感がたまりません。うーん、永谷園のお茶漬けに入っているアラレのカリカリが好きだったのを思い出しました。私のカリカリ好きのルーツはそれだったのだ!


まず、どこかのお土産屋さんでそば茶を入手。ふつうにそば茶として飲んでもおいしいしです。こういうのが良心的なお店なら300円から400円で売っています。ダッタン蕎麦は600円ぐらいします。栄養を考えたらルチンが100倍含まれているというダッタン蕎麦のほうがいいかも。しかし私はひたすらカリカリ感を求めているので無視。



今回はこんなのも手に入ったので追加。

なかったら市販の顆粒昆布だしで昆布だけでできているものを使うといいと思います。

■材料(すべて好きな割合で)
・そば茶=煎ったそばの実
・塩(なるべくさらっとした塩がいい)今回は岩塩、顆粒状の塩も市販されていますね
・味付け海苔を刻んだもの
・炒りごま(白でも黒でも両方でも)

いれるとグッドなもの
・鰹だし粉やいり粉だし(粉末や顆粒状)
・昆布ふりかけ(入院先の魚屋さんで買った)

■作り方
・全部混ぜるだけ
 味付け海苔は湿気を吸ってべたっとしますが、混ぜるとほかの粉のものがまぶされてくっつかなくなります。

入れ物に使った粉チーズの空き容器

すぐに全部食べちゃう自信のない人、もし持っていれば、乾燥剤も一緒に入れとくといいかも。重たいものや小さいもの、さらっとしたものが沈みがちなので、使うたびに振ってから掛けるといいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

意外な組み合わせ 明太子&梅肉(&オレガノ)

[新じゃがとたらこのスパゲッティ] 料理レシピ|みんなのきょうの料理

このレシピをTVで見た日に早速試してみました。生食用たらこが入手困難なので明太子で何度もリピートしているレシピです。

タラコと梅肉って合うんですね。一緒にいれるお野菜はなんでも合います。そのときの季節の野菜をパスタと一緒に茹でるだけです。

昨日、ふとオレガノを振ってみたら、これがすごく合うんです。とてもお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

らっきょう漬け

らっきょう。今年も結局漬けました…。

昨年のぶりさんのレシピがパリパリしておいしかったので、下ごしらえはこの方法で。味付けは二人とも酸っぱいのが苦手なので今年は酢を使わないものに挑戦してみました。そして、洗うときは「きょうの料理」で去年紹介された方法でラクに汚れを落とすことができました。

■泥付きから洗いらっきょうの作り方
[らっきょうのすっきり甘酢漬け] 料理レシピ|みんなのきょうの料理

こちらを参考に。8%の塩水にざっと洗った泥付きらっきょうをそのまま漬け込みます。3日後以降に洗います。汚れも薄皮もするっと取れます。根と芽を切り取りますが、芽はしょうゆ漬けにしておくと、薬味などに使えるそうです。

すぐに漬けないときは、同じく8%の塩水を作り直して漬けて待ちます。冷蔵庫に入れないとすぐに発酵が始まりますが、入れるスペースもないでしょうし、2日に1度ぐらい塩水を取り替えればOKです。

■らっきょうの下ごしらえ
これがぶりさんの方法です。
レシピ詳細 らっきょうの漬け方 | よりよい生活のために | AEON

「鍋にたっぷりの湯を沸かし、沸騰したら火をとめ(2)を加え10秒程ひたし、ザル上げする」ここがパリパリにする秘訣だそうです。

失念したのでぶりさんに聞いて教えていただきました。

■味付け
今年は3種類(このあと5種類になる予定)に味付けしました。ジップロックに入れて冷蔵庫で保管しています。参考にしたのは以下のページです。
ラッキョウ(らっきょう)★手作りつけもの普及大作戦★漬けるドットコム

1)味噌味
 らっきょう下漬け200g 赤味噌80g 味醂80g 砂糖60g
 3ヶ月後から食べられて、1年もつそうです。

2)しょうゆ味
 らっきょう下漬け200g 醤油80g 味醂80g 酢大1
 1ヶ月後から食べられて、1年もつそうです。

3)塩味
 らっきょう下漬け400g 粗塩60g 水700g
 1週間後から食べれて、ほかの味付けに展開ができます。

4)梅味噌味(これは「きょうの料理」から)
 梅290g 麹味噌290g 黒砂糖120g
 梅300g 麹味噌300g てん菜糖150g
 これを1ヶ月熟成させたものに、塩らっきょうを漬け込む予定

5)梅酢味
 らっきょう下漬け150g 砂糖60g 酢大1と1/3 水50cc 赤梅酢50cc
 2ヶ月後から食べられて、半年もつそうです。

3)まではフライイングで味見してしまったんですが、すでにおいしいです。味噌寺は甘みが強過ぎたかも。

ぶりさん、ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

ラディッシュとわさび菜のソティ

春らしいうきうきするような色合いになりました。

材料(2人分)
・ラディッシュ10個ぐらい
・わさび菜の茎(葉はサラダにどうぞ)1束分
・バター10〜20g(たっぷりめ)
・塩(粗塩や岩塩など)

作り方
・ラディッシュは小さなものは縦半分、大きなものはそれに揃えて3〜4等分する。
・わさび菜を洗い、茎の部分だけ2〜3cm 長さに切る。
・フライパンにバターを溶かし、ラディッシュを炒め、透き通ったらわさび菜の茎を入れてさっと炒める。
・塩を振ってできあがり。

地元の産直コーナーで、新鮮なラディッシュとわさび菜を発見。バターで炒めたら、彩りも美しく味もよかったのでメモしときます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

簡単焼きピーマン

ピーマンって夏野菜だけど、今はハウスで1年中おいしいものが出回っている。露地物より品質が安定してたりする。

昨年のバーベキューで虜になった焼きピーマン。丸ごとのピーマンを炭火で焼いて食べるんだけど、これを家庭で簡単にできないかなと思って試してみた。

火の通りを均一にするために、最初にレンジでチンしてみることにした。

■作り方(約6個分)
1)洗ったピーマンを耐熱容器に入れ、ラップをせずに600W のレンジで2分。この間にフライパンを熱しておく。
2)熱々のフライパンに1)のピーマンを並べ、全体に焼き目が付くまで3回転ほどさせながら焼く。

作り方ってほどのことじゃないですね。こうしたピーマンは好みで種まで食べられます。お醤油かレモン醤油などで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

生クリームなし全卵使いのカルボナーラ

ごく普通のカルボナーラの材料には、生クリームが登場し、卵は黄身だけを使うものが多い。これだと庶民には、白身が余るし、生クリームは普段買わないし、で、困るのだ。

カルボナーラを美味しく作るための3つのコツ - T/O

最初このサイトで見つけた。全卵を使い、生クリームを使わない。いつか作ろうと思っていたら、また見つけた。

[カルボナーラ] 料理レシピ|みんなのきょうの料理

やはり卵液を入れたあとの火加減が難しいようで、コメントを見ると皆さん苦労されている。

私も2回作ってみたが、2回とも、ちょっとぼそっとした感じになり、「きょうの料理」の写真にようななめらかな仕上がりにはならなかった。まぁでもおいしかったけど。何度か挑戦したら火加減も分かるようになるかな。

ちなみに私は火を止めてから卵液を絡めてます。

黒コショウは粗挽きたっぷりがお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧